オナ電のおかげで独り暮らしも寂しくない(長崎県・23歳・会社員)

独り暮らしをスタートしてから寂しい思いをしていたのですが、ある趣味を見つけたことによって独り暮らしの寂しさを払拭することができているのです。

その趣味とはオナ電のことです。

一見寂しいと思われるかもしれませんが、これがメチャクチャエロくて本当にHをしているかのような気分になれちゃうんです。

おかげでエロ本もエロ動画も読んだり視聴する必要もなくなってしまいました。

このオナ電ですが、きっかけとなったのは出会い系でした。

暇潰し程度でいじっていた筈なのに30歳のOLが私に興味を持ってくれて、何度もメッセージの交換を行っていたのです。

当然私としてはこの女性と関係を持ちたいという気持ちになり、何度も誘ったのですが女性は全然応じてくれなかったのです。

理由はこの女性に彼氏がいたからなのです。

彼氏がいる女性が彼氏以外の男性と出会うなんて無理だと思った私はある提案を女性に出したのです。

それはテレセでした。

テレセだったら彼氏がいようがいまいが電話1つでできるので女性も暫く悩んだあげく、私の提案を承諾してくれたのです。

これが私のオナ電生活の始まりなのです。

ただ私も女性もテレセを行ったことがなかったので、最初はとても恥ずかしくてお互いに最中に笑ってしまうことが何度もありました。

しかし、お互いの息づかいが耳にダイレクトに響いてくると徐々にムードも高まっていき、2人だけの世界に没頭することができました。

女性は私よりも年齢が上ということもあり、設定としては女性がリードするようになっています。

ただ女性からも虐められたいという願望を出されることもあるので、その際には私も電話越しに「このメス豚が!」とか「くせえマンコしやがって」など罵ってあげています。

これらのオナ電を週に1回から2回行っているのです。