オナ電の楽しさを知った夜(埼玉県・22歳・会社員)

いつものように出会い系サイトを利用していた時に、オナ電の楽しさを知る事になりました。

アダルト掲示板の書き込みを見ていると、物凄くエロい文章を書いている女性を発見したんです。
こういうのって大抵はサクラなんですが、その時はムラムラが最高潮になっていたので、「えーい!サクラ上等!」みたいな感じでメッセージを送ったんです。

一言二言エッチな文章を送ってもらったら、それをおかずにしようと思っていました。

しかし、返ってきたメッセージは意外なものでした。

「メールありがとう!今凄く寂しくて少しでいいから電話しない?番号は090○○○」と書かれていたんです。

自分の想像の範疇を遥かに超える文章だったので、物凄くビックリしましたね。

こんな文章送られて電話しない男はいないでしょ!すぐに電話をかけました。
内心ドッキドキだったんですが、電話越しに聞こえた声は物凄く綺麗で聡明な声でした。

相手の女性も緊張しているようで、電話越しにその空気を感じました。

男である私がリードしないと駄目だと思い、色々と話題を提供したんです。
しかし、いまいちノリが悪かったんです。

こっちも久しぶりの女性の声だったので、普通の会話をしているだけなのに、アソコはマックス勃起状態になっていました。

頭にはエロしかありません。
絶えられなくなり、女性にテレセをしてくれないかお願いをしたんです。

すると、それは恥ずかしいと言われて却下されました。
でも、どうしてもテレセをしたいと言うと、オナ電なら良いよって可愛い声で言われたんです。

オナ電を初めてしたんですが、物凄く気持ちよかった。
我慢汁でベトベトになったチンポを必死にしごきました。

女性も私のオナニー音に我慢できなくなったのが、オナニーしていたと思います。
まさに電話で相互オナニー状態でした。