人妻にオナ電で不倫させてみた(千葉県・41歳・自営業)

最近オナ電にハマってます

結婚しているのですが嫁の体にも飽きてきました

と言っても気軽に風俗に行けない

「いいなぁ」と出会い系サイトを眺める毎日です

ライブチャットはお金がかかるしどうにかならないか

ネットの中を漂ってみて発見したのが“オナ電 ”

まぁテレフォンセックスですな

テレセならエロい女を見つければ安上がり

「今Hな気分なの」

と書き込んでる掲示板は多いので探してみることにしました

初めてのオナ電相手は34歳の人妻

結婚した頃は毎日してたのにってやつですな

本当に会うのはちょっと、でも発散させたい

そんなHな気分は書き込みと一緒に貼ってあったヌード写真でわかります

テレセやってみない?と打ち込むとノリノリに乗ってきました

「あっはっはじめましてっ」彼女の声は上ずってました

旦那以外の男とエロ関係で声を聞かせるのが初めてなのだろう

「電話だけのつきあいだけど不倫ってことで」「えっえぇと」

戸惑ってる彼女に強めに不倫宣言を迫ると小声で「うん」と言うので

「大きな声でっ」「不倫っ不倫しますっ」と宣言してくれた

今だけ僕のモノだって証に下着姿になるよう指示、「…なりました」

メールで足を開いた画像を送らせると「はぁっはぁっ送りました」

おもいきり股を広げた人妻の写真が届く

「やーらしい」「えっだってやれっていうからっ」

透けてるし露出が高いので勝負下着なのかと虐めてみると

「うぅん気分が盛り上がるからっ」そんな彼女に写真を送る

PCのモニターには下着写真、そして手前には僕の肉棒

「やだあぁっ」恥ずかしがってる彼女にオナニーの指示

「これをしゃぶったり、ぶちこまれたりするの想像していじってみて」

「うぅんっんーっ」すぐにはじめ喘ぎ声を聞かせてくれた

実際は不倫してない、を潤滑油にするとなんでもやってくれる

ブラをずらして勃起した乳首、湿った下着から見えるマ○コ

見せろといえばすぐに撮って送ってくれた

彼女を裸にして「電話だからね、僕がぶちこんであげるから」

「はいっお願いしますっ」やるかわからなかったけどマ○コを送らせた

うわっきたっ、2本の指で広げられたぐちょぐちょの人妻マ○コ

「これに向けて腰突き出すから」「きてっ入れてっ」

彼女はバイブレーターを用意

「人妻のオ○○コにっんっずぶりっ」「あぁぁーーーっ」

画面のマ○コにチ○ポの先っちょをくっつけた画像をオカズに即絶頂

「よかったぁっ」喜んでいったばかりのマ○コ写真を送ってくれました

それからしばらくはオナ電で僕の肉奴隷になってくれて

大量の画像は僕の宝物になりました