仕事の疲れをオナ電で癒してもらいました!(茨城県・30歳・自営業)

私は一時期、仕事で疲れて帰ってきたら「オナ電募集サイト」に行ってオナ電相手を探すのにハマっていました。

仕事で疲れたストレスがオナ電が解消するのが日課だったので、仕事の帰りの電車の中では「どのようなシチュエーションのオナ電しようかな」とワクワクしていました。

オナ電募集サイトに行って、オナ電相手を探したらいざテレセ。

オナ電募集サイトは出会い系サイトの女性と似ていて性欲がとてもある女性が多いです。

しかも、若い女性が多いので若い女性と中々喋る機会のない私からしたら最高の癒しでした。

私はオナ電では、まず相手の事について聞きます。

「顔は芸能人でいうと誰に似ているの?」「スリーサイズは?」「初めてHした時の話聞かせて」などです。

全く相手の事を知らないと、オナ電をしていても燃えないので、私は相手の情報をしっかりと聞くようにしています。

その後に共にオナニーを開始します。

私は結構言葉攻めします。

「いまどんなポーズでオナニーしてるの?」「どんな気持ちでオナニーしてるの?」「オナニーしていて恥ずかしくないの?」のような相手が興奮をするようなエロ言葉で攻めます。

そうすると女性は恥ずかしそうな声で返事をしてくれるので、それでも私のオナニーが捗ります。

オナ電は相手の声や音だけがオナニーのオカズになります。

なので、女性がオナニーしているときの液体の音はかなり大事です。

女性は感じているとアソコが濡れてくるので、私は「ねえ。

そのやらしい音に電話近づけてよ」と言って、Hな音を堪能するようにしています。

そして最後は「イキそうになったら一緒にいこうね」と言って一緒にフィニッシュするようにしています。

テレセは時にはAVよりもオナニーがはかどります。