出会い系サイトで親しくなった女性が急にオナ電をしてきた(滋賀県・26歳・会社員)

出会い系サイトで幸子という女性と知り合い、親しくなることができました。

そしてオナ電となり、テレセに至った経緯について書いていきます。

エロの体験内容については、電話越しで何かを伝えながら擬音を出したり、幸子が声をあげたりしている程度です。

妙な電話に変化した
親しくなった幸子は、夜に会社での愚痴を私にこぼすことが多かったです。

いつもは励ますと大人しくなるのですが、急に何かを飲むような音が聞こえてきたので、この日は違ったみたいです。

おかしいと感じたので様子を見ていると「どんな下着を身につけていますか?」と言い出したので唖然としました。

その後、「私は上下に黒い下着をつけているよ」と言ってゲップのような仕草をしました。

お酒を飲んで、酔いが回った状態だったようです。

更にエスカレート
オナ電は更に続いていき、幸子はエロっぽい声を度々出してきたのでイタズラをしたくなりました。

電話越しに「股間を触るよ」と言うと、「いいよ」と返事が来たので畳の上を擦って音を出しました。

すると、幸子は「すごくイイ感じ」とあえぐように言い出したので凄かったです。

「胸を揉むね」と伝えると、「うん」と言うので、今度は台の上で手を使って軽く叩く音を出してみました。

音を聞いた幸子は「もっと強く揉んで」とやや高い声で言い、更に息遣いを激しくさせていました。

幸子が眠って終了
テレセは幸子が酒の酔いに負けて眠ったことで終了しました。

安らかな寝息が聞こえてくるだけの状態なので面白かったです。

恐らくですが、電話の向こうで私に胸を揉まれている姿を想像しながら動いた結果、酔いが回ってしまったのでしょう。

凄く楽しいオナ電だったので、機会があればまたやりたいなと思いました。